業者に依頼する場合の車検の流れ

Check
こちらのページでは、業者に依頼する場合の車検の流れについて、わかりやすく解説しております(^^)車検は業者に依頼することが一般的だよ! 車検を自分で行うユーザー車検という方法もありますが、ディーラーや整備工場などの業者に依頼することが一般的です。業者に車検を依頼する場合、以下のような流れになります。   実車見積もりでは、直接お店まで車を持っていき、どのような整備が必要になるのか点検してもらいます。エンジンルームを見て、オイル関係やフルード関係、ベルトの磨耗具合など、車検に必要な項目を点検してくれます。     ひととおり点検が終わったら、見積書を発行してくれます。実車見積もりの見積書ですので、この金額が車検費用総額と思っていいです。法定費用なども含まれています。もし見積書の項目に疑問があったり高すぎると思ったら、その時点で質問しておきましょう!良い業者であれば詳しく説明してくれるはずです。見積書に納得できたら正式な車検の予約を入れます。その際、予約日当日に必要な書類(車検証・自動車税納税証明書など)の説明がありますので、忘れずに持参するようにしましょう!   906   車検日当日に受付で必要書類の確認が行われ、問題なければ入庫となります。入庫してから車検が終わり引き取るまでの期間は、数時間と早い場合もあれば、2~3日預かる場合もあります。そのあたりは業者によって違います。車を預ける場合は代車が必要になりますので、代車を希望する場合は、車検予約時に申し出ておきましょう!車検を業者に依頼すると、書類の作成や検査などすべてやってくれますので、非常に楽です。     車検費用を安くしたい場合には、1番はじめに<インターネットで複数業者に見積もりをとる>という手順が入るのと、<1件だけでなく2,3件実車見積もりをとる>という手順と、<値引き交渉をする>という手順が入ります。