ガソリンスタンド車検

Check
こちらのページでは、ガソリンスタンド車検について、わかりやすく解説しております(^^)最も手軽に車検を受けることができるのが、ガソリンスタンド車検です!皆さんの街にも必ず1店舗はガソリンスタンドがあると思います。以前のガソリンスタンドは給油するだけでしたが、最近のガソリンスタンドでは、国家整備士を積極的に配置するようになり、車検の点検整備や代行を行なっているところも増えてきました。     ガソリンスタンドは、いつも行っているガソリンスタンドに行ったついでに車検の見積もり→予約→車検(約1日)→引き取りといったように、非常に手軽に車検を受けられます。代車の無料貸し出しや洗車サービス、各種キャンペーンなど行っていることが多いです。    

ガソリンスタンド車検のメリット・デメリット

ガソリンスタンド車検のメリット・デメリットは下記です。
  • 価格が安い
  • とても手軽に車検が受けられる
  • 24時間受付のところが多い
  • 幅広い車種に対応している
  • 点検整備の質は期待できない
  • 持ち込み・持ち帰りが基本
  • 代車がない場合が多い
  766   ガソリンスタンド車検は、安い価格で非常に手軽に車検が受けられることがメリットです。いきつけのガソリンスタンドでそのまま車検が受けられるので、非常に手軽です。また、スピーディーかつ安価です。  

ガソリンスタンド車検の流れ

※ 必要書類は下記です。 車検証・自動車損害賠償責任保険証明書・自動車税納税証明書(継続検査用)・認印(三文判でも可)が必要になります。車検証は有効期間を確認し、車検切れとならないように注意しましょう!自動車損害賠償責任保険証明書は、次の車検までの期間(24ヶ月)をカバーするように加入する必要があります。車検の依頼先で加入できる場合もあります。自動車税納税証明書(継続検査用)は、毎年5月頃送られてくる納付書に添付されています。