ユーザー車検

Check
こちらのページでは、ユーザー車検について、わかりやすく解説しております(^^)安さを1番に求めるなら断然ユーザー車検!車検を受ける際には、一般的にはディーラーや民間の整備工場、ガソリンスタンドなどに依頼して、24ヶ月点検整備や代行などを依頼しますが、すべて自分で行うユーザー車検という方法もあります。     車検を受けて合格するためには、書類を準備して当日陸運局に行って書類を提出、重量税の納付、継続検査などを行い、保安基準に適合していれば合格となり、新しい車検証が交付されます。24ヶ月点検整備に関しては、特殊な工具やタイヤの取り外しが必要になるため、知識のない素人が行うのは現実的ではありません。       906   ユーザー車検のメリット・デメリット ユーザー車検のメリット・デメリットは下記です。
  • 価格が格安
  • 車検の知識がつく
  • ある程度の知識が必要
  • 平日に休みがとれないと無理
  • 自分でメンテナンスができない場合は、点検整備のみ業者にお願いする必要がある
  • 車検に落ちると不具合箇所を直して、再受験する必要がある
    ユーザー車検のメリットはなんといっても価格の安さです!車検を通すだけなら車種にもよりますが、だいたい50000~70000円で車検を受けることができます。※ 点検整備費用は別です。ただし、車検に必要な書類を準備したり、検査ラインで検査を受けるのもすべて自分で行いますので、ある程度の知識が必要となります。   839  

ユーザー車検の流れ

ユーザー車検は必要書類を準備して陸運支局窓口に提出後、下記の検査ラインすべてに合格する必要があります。