バイク車両の検査・バイクの保安基準注意事項

Check
オートバイ、バイクは、普段好きでお乗りになっていると知らず知らずのうちに車検不適合車に改造されてしまっています。 ハンドル、ライト、マフラーの変更、リアフェンダーの取り外しなど気づかぬ内に不適合になっている可能性があります。 ライト変更でデザイン的に小径ライトに変更してどうにもなら ないのが光量不足です、マフラーは社外マフラーを付けていれば音量規制が厳しいので不適合になってしまうので特に車検時は注意が必要です。 バイク車検時の注意マフラー消音装置、2002年以降辺りのバイクだとマフラーが触媒付きになっているかもしれませんのでマフラー交換は尚注意が必要です。触媒無は車検不適合、車検は通せません。 ご自分のバイクのマフラーが触媒規制になっているのか、バイクライフを楽しむ上において一度確認はしておいた方が良いでしょう。