まずは洗車をしよう!

Check
こちらのページでは、まずは洗車をしよう!について、わかりやすく解説しております(^^)車検に合格するために、洗車は基本中の基本です!車検を受ける前にすることとして、きちんと整備しなければならないとか、書類を用意しなければならないとかありますが、もっと基本的なことで大事なことが洗車です!洗車は車検に合格するか否かということに直接関係ないと思われるかもしれませんが、汚れているがために正常か異常かの判断ができず、検査官が不合格を出してしまうことがよくあります。     例えば、ボンネットを開けたところのエンジン付近にオイルがこぼれたような跡があった場合に、本当はオイル交換で誤ってこぼしてしまった汚れであっても、エンジンのパッキン不良でオイルが漏れていると判断されてしまうケースがあります。検査官にその場で「本当にオイル交換の時にこぼしたんです!」と主張したとしても、「それは私にはわかりません。今自分の目で見た状況で判断します。」と言われて終わりです(^^;)   1017   こんなことにならないために車検を受ける前にはきちんと洗車をして、オイル汚れやブレーキダストの汚れなどは重点的に洗い流し、きれいな状態で検査官に見せる方が、変なところでNGを出されなくて済むのです!洗車には高圧洗浄機が便利です。ガソリンスタンド等で頼んでもいいですし、セルフの洗車場に行けば自分でできます。通常の水洗いコースで充分です。汚れを吹き飛ばしましょう!高圧洗浄機では下廻りと足廻り(タイヤ廻り)を重点的に洗浄します。     まずは下廻り全体を洗浄します。下廻りはチェックが厳しいので、入念に洗浄しておきましょう!次に足廻り(タイヤ廻り)を洗浄します。特にブレーキキャリパー付近にはブレーキダストがこびりついているので、入念に洗い流しましょう!最後にボンネットを開けてエンジンルームをきれいにします。エンジンルームは水が入り込むと思わぬトラブルの原因になりますので、高圧洗浄機は使ってはいけません!エンジンが冷えてから雑巾できれいに拭き取りましょう!特にオイル汚れは入念に拭き取りましょう!