廃車の手続き方法

Check
まず、自動車を廃車にするには、車検証、印鑑証明書、実印、ナンバープレートをもって地方自治体に行き、申請書とともに廃車の手続きをします。 しかし、これは「道路運送車両法」でいうところの「自動車の登録」を抹消しただけにすぎません。これにより、毎年の自動車税の納付義務がなくなるだけです。残るのは廃車にする車だけになります。   その昔、心ないユーザーは、ナンバーを取り、車体番号をはがして山奥に放置するようなこともありましたが、いかんせん車検切れなので移動ができないので、山奥にも行けません。つまり、ここから先は専門の業者に頼むしかないのです。 廃車にする場合も、役所に行ったり、業者に頼んだり…。勤め人にはなかなかハードルが高そうですね。   ちなみに、長年車検切れのままにしておいて、再度車検を通す場合は、先述のとおり最大で3年分の自動車税を納めなくては車検を通すことができません。しかし「廃車」にする場合は、再度車検を通すわけではないので、車検切れ期間の自動車税を納付する必要はありません。 つまり、車は車として使用できる状態で初めて課税対象になるので、たとえナンバーが付いていようと車検が切れて自動車として使用できない車には、自動車税を納める義務は一切無いのです。さすがに税金を納めて「廃車」という理不尽なことはないようです。