注意!車検と車両の点検・整備は別物

Check
車検制度の規制緩和により車検有効期限が延長になり、車検前整備の義務付けが廃止されました。これにより、すべて「自分でやる」ことを前提に「車検」を安くする方法が数多く紹介されています。 ただし、「必要な書類と費用」で詳細を述べましたが、車検には税金や手数料など最低限必要な費用があります。これらを安くあげる方法は存在しません。 つまり、車検を安くあげるには、それら以外の車両の整備を安く抑えたり、自分の時間を犠牲にすることで一見支出を減らすことぐらいしかないのです。   しかし、ここで注意しなければならないのは、車検と車両の点検・整備は別物であるということです。 よく勘違いされている方がいるのですが、車検は、国が一定期間ごとにチェックするもので、検査時において安全・環境基準に適合しているかどうかを確認しているだけです。見方によっては、安全基準に適合しているかどうかを確認しているだけで、安全かどうかを確認しているわけではありません。 一方、点検・整備とは、自動車の保守管理責任を果たすため、必要な時に点検し、その結果に基づき必要な整備をすることをいいます。 ちなみに、「道路運送車両法」では、日常点検及び定期点検を実施する事が、自動車ユーザーに義務付けられています。