24ヶ月点検整備記録簿

Check
こちらのページでは、24ヶ月点検整備記録簿について、わかりやすく解説しております(^^)24ヶ月点検整備を行なったら、24ヶ月点検整備記録簿に記入しよう! 現在の法律(自動車点検基準)で定められている定期点検は、12ヶ月点検と24ヶ月点検があります。     法律で義務付けられています。12ヵ月ごとに点検する項目と24ヶ月ごとに点検する項目がありますが、車検毎に24ヶ月点検も同時に行うことが一般的です。現在の法律では、24ヶ月点検整備を行いさえすれば、車検を受ける前でも後でも良いとされています。     ですので、車検の際に「点検整備は車検の後に行います。」と言えば、24ヶ月点検整備記録簿が白紙であっても、車両に問題がなければ車検に通すことができます。しかしそのせいで、24ヶ月点検整備を行わないユーザーが増えており問題となっています。車は命を預ける乗り物ですので、車検前に必ず24ヶ月点検整備を受けるようにしましょう!業者に車検を依頼する際は、24ヶ月点検整備も料金に含まれていることが多いです。   881   自分でユーザー車検をする場合は、素人ができる作業ではありませんので、24ヶ月点検整備だけ民間整備工場などに依頼しましょう!相場はだいたい20,000~50,000円程度です。    

24ヶ月点検整備の点検項目

24ヶ月点検整備ですが、1995年6月までは車検を受けるためには、必ず車検前に100項目以上の点検整備を行う必要がありました。しかし法律が改正され、点検項目は現在56箇所となっております。下記に24ヶ月点検整備の点検項目を一覧にしてまとめています。※ 24ヶ月定期点検記録簿の内容です。   点検項目 点検内容  
  • ボール・ジョイントのダストブーツの亀裂及び損傷
  • 油漏れ及び油量
  • 取付けの緩み
  • ブレーキのきき具合
  • 機能、摩耗及び損傷
  • シューの摺動部及びライニングの摩耗
  • ドラムの摩耗及び損傷
  • パッドの摩耗
  • ディスクの摩耗及び損傷
  • ホィールナット及びホィールボルトの緩み
  • フロント・ホィール・ベアリングのがた
  • リヤ・ホィール・ベアリングのがた
  • 自在継手部のダスト・ブーツの亀裂及び損傷
  • 点火時期
  • ディストリビューターのキャップの状態
  • エアクリーナ・エレメントの状態
  • 水漏れ
  • 配管の損傷
  • チャコール・キャニスタの詰まり及び損傷
  • チェック・バルブの機能
  • 排気ガス再循環装置の機能
  • 減速時排気ガス減少装置の機能
  • 配管の損傷及び取付状態
  • マフラの機能