車検にかかる時間

Check
  車検にかかる時間はいったいどのくらいなのでしょうか。ポイントは、「法定24ヶ月点検は事前にできているのか?」「また、今後注意が必要になりそうな箇所まで整備したいのかどうか?」、といったところになりそうです。 点検整備をせずに車検という検査だけを通すのであれば、最速15分間といった業者もありますし、また、「法定24ヶ月点検をもとに、必要最低限の整備」+「車検」といった、“点検つき車検”をおこなう業者もたくさんあり、それぞれ「1日車検」「60分車検」など、いろいろなサービス名称がついていますので、各業者に問合せしてみましょう。 ディーラーに車検を依頼する場合は、車を前日から預かるなどし、しっかり点検・整備を行い、かつ修理箇所もくわしく診断してもらえます。時間や料金はかかりますが、最も信頼できるといえるでしょう。さらに、自分で車を陸運支局に持ちこみ、車検をうける「ユーザー車検」といったものも最近注目されていますが、これにはメリット・デメリットがあります。まず、業者を通さずに自分で点検整備や手続きをしなくてはなりません。その分費用も時間もかからずにすみますが、この「ユーザー車検」、なれない人は印紙の購入などに手間どると思いますので、予約時間から1時間以上の余裕をもって陸運支局に行ったほうがよさそうです。 手慣れた人なら手続きから車検証受け取りまで、1時間程度で全部済んでしまうそうですので、“車に関して知識がある(自分で整備ができている)”、“部品交換や修理の必要がないとわかっている車である”といったケースの人に「ユーザー車検」はお勧めです。