足廻りの点検

Check
こちらのページでは、車検時に検査官に指摘されやすい足廻りの点検箇所を、わかりやすく解説しております(^^)安全走行に大きく関わるタイヤは、特に重要チェック項目だよ! 車は4輪で走っていますが、地面と唯一接触しているのがタイヤです。それだけに安全走行に大きく関わりますので、タイヤの状態は検査官に入念にチェックされます。タイヤの点検は素人でも行いやすく、日常点検でもチェックが必要ですので、普段から定期的に点検するよう心がけましょう!    

タイヤの溝やキズ

タイヤの溝が1.5mm以下になるとスリップサインがでてきますが、スリップサインがでていると車検に通りませんので、タイヤを新品に交換しましょう!また、釘などが刺さっていないか、劣化で亀裂やひび割れがしていないかも点検しておきましょう!    

タイヤの空気圧

タイヤの空気は自然と抜けていきますので、1ヶ月に1度は点検が必要です。空気圧のチェックは専用のチェッカーが必要ですが、ガソリンスタンドなどで無料で行ってくれたり、セルフ式で自分ですることもできますので、適正値になっているか点検しましょう!空気圧の適正値は、取扱説明書や給油口のフタ、運転席ドアピラーなどに記載してありますので、確認しておきましょう!もしタイヤを少し大きめのサイズにインチアップしている場合は、1~2割程度空気圧を多めにしておくとよいでしょう!    

ホイールの変形やキズ

車検場の検査官は、ホイールの変形やキズもチェックします。縁石でこすった程度の小さなキズであれば問題ありませんが、ホイールが変形していたり、タイヤとのすき間があいている場合はNGになります。    

ホイールナットの締め付け

ホイールナットがゆるむことはまずありませんが、車検場では検査官が専用の長いハンマーのようなもので、ホイールナットをコツコツ叩きゆるみを確認します。あらかじめ増し締めしておくと安心です。ここまでは素人でも点検できる足廻りの点検項目ですが、以下はタイヤを取り外して点検する項目になります。安全性に関わる部分ですので、プロに依頼しましょう!   846  

ブレーキパッドの厚み

ブレーキパッドはブレーキをかけるたびに磨耗していきますので、新品時は厚みが10mm程度ですが、2mm前後になったら交換限度です。ブレーキパッドの厚みは点検窓から残量を確認することもできますが、正確に測るなら、ブレーキパッドを一度取り外して点検します。ブレーキパッドが磨耗しているのに使用すると、ブレーキローターを傷つけてしまいますので、早めに交換するようにしましょう!    

ブレーキローターの状態

運転者がブレーキを踏むと、ブレーキパッドをブレーキローターに押し付けてタイヤの回転を止めるしくみになっています。ブレーキローターは国産車の場合、純正のブレーキパッドを使っていれば10万kmは余裕でもちますので、特に交換の必要はありません。外車の場合はブレーキローターも磨耗していきますので、ブレーキローターに深い傷がついていたり磨耗がひどい場合は、交換が必要です。    

ショックアブソーバー・サスペンション

ショックアブソーバーとはいわゆるサスペンションのことで、地面からの衝撃を吸収する役割を持っています。ショックアブソーバーが油で濡れている場合は、内部のオイルが漏れ出していますので車検に通りません。修理の必要があります。    

ブレーキホース

ブレーキホースの中にはブレーキオイルが充填されています。ブレーキホースからオイルが漏れている場合やブレーキホースを軽く曲げてみて、無数に亀裂が入る場合は交換が必要です。ブレーキオイルが漏れていると車検に通らないばかりか、ブレーキが効かなくなり大変危険ですので、早めに交換するようにしましょう!    

ハブベアリングのガタ

ハブベアリングとは、ブレーキローターを外したところにあるベアリングのことで、ホイールをスムーズに回転させる役割を持っています。ハブベアリングにガタがでると、走行中に「ゴーッ」というようなうなり音がでたり、「ゴロゴロ」といった異音がでてきます。ハブベアリングのガタは、タイヤの上下を持ち両手で強く揺さぶったり、足でギュッと押してみてガタつきがあるようなら、ハブベアリングの修理が必要です。