自動車税と車検

Check
毎年4月になると自動車の所有者に自動車税が課せられます。 これは自動車を所有する人すべてに課せられている租税で、誰も免れることはできません。 自動車税をきちんと納付することで、車を合法的に運転することができます。 しかし生活が苦しく、自動車税を納付できないために滞納してしまうということも起こりえます。 税金を滞納している場合、車検を受けることができるのか疑問に持つ方もいるかもしれませんが、税金を滞納している場合でも車検を受けることは可能です。 しかし、車検証が交付されないため無車検車と同じ扱いになり、公道を走ることはできなくなります。 もし自動車税を滞納し車検を通し、車検証が交付されない状態で公道を走行すると無車検走行として道路交通法違反で検挙されます。 この場合多額の罰金と免許停止の処分を受けることになります。 どうしても支払えない場合や、延滞が続いてしまっている場合は、車を手放すことも考える必要があります。 車を手放すことで、ガソリン代や任意保険などの固定費がなくなる分家計負担は軽くなります。 車の維持費は意外と高いものです。 ライフプランをしっかりと計画しなおしてから、改めて車を所有するほうが賢明です。