指定工場の車検

Check
指定工場では、本来、陸運支局(国で)で行う 「検査」を、自分の工場で行うことが出来ます。 つまり、「国に代わって検査を行う」ことが出来るわけです。 ここでひとつ付け加えておくと、この検査基準って指定工場の方が厳しいって知ってます? 本来なら、「同じ基準では?」と、疑問思いますが、指定工場は、国から厳しい認定基準をパスするために、高い検査機器を設備したり、人員(国家資格者)を揃えたりしています。 それで、「指定工場」を看板に仕事をしているのですが、万が一、検査基準に満たない車両を「合格」にしてしまい、それが、バレると 「営業停止」等の重い処分が待っています。 ですから、陸運支局の検査基準より、若干厳しい目の基準を設けて、間違っても「整備不良車」を合格させないようにしているわけです。 それでは、指定工場における 「車検」の基本的な流れを説明していきます。 【受け入れ検査】 ボネットを開けて、車検証のクルマと現物車両が同一かを確認 エンジンルーム内を確認。(目視で確認できる部品、工具を使わずに外せる部品) (例えば、ファンベルト、エアーエレメント、バッテリー、オイル類) 外観を確認。(灯火装置等の割れ、ガラスの割れなど) 足廻りを確認。(タイヤ、ドライブシャフトの損傷チェック) 【下廻り/エンジンルーム スチーム洗浄】 洗浄して埃や泥を飛ばすことにより、オイル漏れなどを早期発見出来ます。 (金額を浮かせる為に交渉によって省略も可能だと思います) 【エンジンルーム廻り 点検】 【足廻り / 下廻り 点検】 この段階で、定期交換部品や消耗品の点検がすべて確認出来ているので、ユーザーに説明。 交換部品等のご案内~次回交換等アドバイス。 【完成検査】 検査員(資格者)が整備記録簿を元に点検項目を確認 【ライン検査】  サイドスリップ検査 ブレーキ検査 スピード検査 ライト検査 排気ガス検査 と、手順は前後する箇所があるかもしれませんが、だいたいこのような流れになっていると思います。