駐車違反してしまったら

Check
駐車違反をすると車検に通らないことがあります。 平成18年6月から道路交通法が改正され、車検拒否制度という新たな取り決めが設けられました。 これは放置駐車違反をして違反金を滞納し、なおかつ督促を受けた場合は車検に合格しても車検証を交付されなくなるというものです。 長い間路上駐車をしていると、車に駐車違反と書かれた黄色のステッカーを張り付けられます。 本来は運転者が警察署に出頭し反則金を支払わなければなりません。 駐車違反の反則金を運転者が支払わずに滞納すると、車検証に記されている車の使用者に弁明通知書と仮納付書が発送されます。 この時点で反則金を支払えば車検拒否されることはありません。 しかし、弁明書の提出も仮納付書での納付も怠った場合には、納付命令書と本納付書が再度送付されてきます。 この時点で支払った場合も車検拒否にはなりません。 もし納付命令書も無視して滞納を続けた場合には督促状が送られてきます。 督促状が送られてくると、その時以降に受ける車検では車検証が交付されなくなります。 車検証の交付を受けるためには、放置違反金の納付などを証明する書面を提示しなければなりません。 車検を受けてから車検拒否になっていることに気が付く場合もあります。 車検証が交付されないと焦ってしまいますが、15日以内に違反金を払い、必要な書面を提示すれば、費用を払った車検も無効にならずに済みます。 いざという時に慌てないよう、駐車違反をしてしまったら、違反金の支払いはすぐに済ませておきましょう。