指定と認定?

Check
「指定工場」と「認証工場」 何が違うの?って思いますよね。両方の工場とも定められた国の基準(工場の設備、人員構成など)を満たしていてクルマの分解整備を行うことが認められた整備工場です。整備内容には違いはありません。 相違点は検査方法です。 「指定工場」 別名「民間車検場」ともいわれ、車検の最終検査(陸運支局で行うライン検査)を陸運支局に代わって行うことができる工場です。 国から検査を行うことを指定されているので「指定工場」と呼ばれているようです。ですから、当然、設備として高額ですが検査機器(ブレーキテスター、スピードメーターテスター、サイドスリップテスター、ヘッドライトテスターなどなど)を工場内に設備してあります。最終検査まで工場内で行えるので、検査を終えたら必要書類(車検証、指定整備記録簿等)を陸運支局に持込むだけで新しい車検証を発行してくれます。 「ディーラー車検」「フランチャイズ車検」はほとんどが指定工場です。 「認証工場」 法定点検や修理など指定工場と同じく作業できますが、最終検査(保安基準に適合しいているかどうか)は陸運支局に直接持込まなければなりません。ですから、検査に引っ掛ってしまったりすると、再度工場に戻って必要箇所を整備し、また陸運支局に持込むなど手間が掛かることにもなります。 もっとも、陸運支局に何度持込もうが工場側の問題ですから、ユーザーにはあまり関係ないですよね。