指定工場と認証工場の違い

Check
こちらのページでは、指定工場と認証工場の違いについて、わかりやすく解説しております(^^)指定工場と認証工場では、検査方法が違うよ!民間の車の整備工場には、指定工場と認証工場の2種類があります。工場の見えやすいところに以下のような表示がしてあります。指定工場と認証工場は両方とも国から自動車を整備することを認められた工場ですので、車の点検整備をすることができます。異なる点は検査方法です!  

指定工場

指定工場は別名民間車検場と呼ばれ、陸運支局に代わって車検(検査)を行うことができる工場です。そのため陸運局と同じ検査ラインを自社の工場に持っています。国から検査を行うことを指定されているので「指定工場」と呼ばれています。実際の車検の検査を自社で行うことができますので、検査を終えたら必要書類(車検証・点検整備記録簿など)を陸運支局に持ち込むだけで、新しい車検証を発行してくれます。ディーラーや車検専門フランチャイズ店は、ほとんどが指定工場です。  

認定工場(認証工場)

認定工場は、車の点検整備や修理などは指定工場と同様にできますが、検査ラインを自社に持っていませんので、実際の検査は陸運支局に直接持ち込まなければなりません。ですので、もし検査に不合格箇所があると、一旦車を工場に持ち帰って整備し、再度陸運支局に持ち込むという方法をとります。ただしこれは工場側の問題ですから、ユーザーにはあまり関係のないことですが(^^;)     942    

指定工場と認定工場はどちらがいいの?

民間の整備工場が指定工場と認定されるためには、国の厳しい認定基準に合格しなければなりません。そのため指定工場は、国からの厳しい認定基準をクリアするために、高い検査機器を設備したり、国家資格者(国家整備士)を揃えたりしています。指定工場では自社で検査ができますが、もし万が一検査基準に満たない車を合格にしてしまいそれがバレると、営業停止という重い処分が待っています。ですので指定工場の検査は、陸運局の検査基準よりも若干厳しい基準で検査し、整備不良車を極力ださないようにしているのです。     そういった面から考えると、指定工場の方が点検整備をしっかり行うという見方もできます。しかし認定工場でもしっかりしているところはありますから、要は会社体質であったり、働く整備士の腕次第というところもあります。結果的にいうと、どちらがいいとは一概には言えませんが、指定工場の方が少しだけ安心かな?という程度です。