自動車保険のいろは

Check
車に乗っている方は必ず保険に入っています。 これは自賠責保険といい、原付を含む全ての自動車が必ず入らなければいけない保険です。 というよりも自動車の場合は入ってないと車検を通せないです。 見直す機会として車検ごとに見積もりを出してもよいでしょう。 もし、あなたが保険に加入していない車に轢かれたり、ひき逃げにあった場合は加害者が特定出来ません。 その場合「政府の保障事業」により保障されるのです。 特色として ■この自賠責保険は「対人」の保障しか付いていないので 「対物」には別で入るしかありません。 ■100%被害者の責任で発生した事故では相手車両の自賠責保険の支払いの対象にはなりません。 ■自賠責保険では死亡保障の限度額が3,000万円です。 (恐ろしく少ないですね・・・・) 昭和59年に会社役員が後遺症を負った事故では2億9736万円の賠償額が認定されてます。 自賠責保険の後遺症での支払い限度額が4000万円なので単純に計算しても2億6000万円は自己負担ということになります。 よって、自賠責保険は完全な保険ではなく 被害者を救うための最低限の保険ということを覚えておいてください 自賠責保険で安心しないで必ず任意保険も加入してください!