改造車を車検に通す方法

Check
こちらのページでは、改造車を車検に通す方法について、わかりやすく解説しております(^^)改造車を車検に通すには、構造変更申請をする必要があるよ!車が好きな方だと、車に社外品パーツを取り付けるいわゆる改造をする方も多いと思います。しかし改造の仕方によってはそのままだと車検に通らず、別に構造変更申請が必要になるケースがあります。     業界用語で公認車検とも言います。構造変更申請をして、陸運局に保安基準を満たしていると認定されれば、改造車であっても、晴れてどうどうと公道を走ることができるというわけです。ちなみに、構造変更をした場合、車検証の型式欄に(改)という文字が入ります。保安基準を満たしている改造車であるという意味です。改造しても許されるのは指定部品のみ!車には指定部品があらかじめ決められています。   963   指定部品とは、保安基準をクリアしていれば社外品に交換してもOKなパーツのことです。書類審査では、車検証のコピー・改造自動車等届出書・改造等概要説明書・改造箇所の添付書類などが必要になります。書類は陸運局で手に入ります。交換したパーツに「車検対応証明書」や「保安基準適合証」がある場合は、それも添付すると書類審査がスムーズです。