車検とは?

「車検」を正確に説明すると、「道路運送車両法」で定められている「保安基準」に適合しているかどうかの車両検査のことをいいます。ですから、「ユーザー車検」(自分で陸運支局に持込んで検査を受ける方法)が本来、法律で意味するところの「車検」を言いえていることになります。しかしながら一般的には、ディーラーや民間車検場で行われている点検付車検の事を指して「車検」と呼んでいる事が多いのではないでしょうか。

 

 

1051

 

 

法改正前は検査前の整備を行わないと検査が受けられませんでした。しかし、改正後は 「点検整備は検査の前後を問わない」 と言う一文が追加されました。 この一文があると無いとでは大違い。これにより、 「車検前に整備を行わずとも検査を受けることが可能」 となりました。ただ車検はあくまでも、「検査した時点でのクルマのコンディションが保安基準に適合しているかどうか」の検査ですので、その後のクルマの安全性や快適性を保証するものではありません。そういう観点で考えますと、点検付き車検がスタンダードであるべき、だとわたしは考えます。